食事改善で体臭予防!ハーブと上手なおつきあい

食べ物と体臭の関係は非常に有名です。

楊貴妃は体臭をいい香りに変える為に香水のようなものを継続して飲んでいたという言い伝えがあるそうです。さすがに香水を飲むようなことはできないですが、最近では、飲むと薔薇の香りがするガムやタブレットなども販売されており、ある人は効果覿面、またある人は効果が出ているのかよくわからない、など、効き目は人によってそれぞれのようですが・・・。

特に普段の食生活で言えば、動物性脂を含むものや揚げ物・乳製品・加工食品などは体臭を防ぐ為にはできるだけ控え、野菜中心の食生活にすると良いとの事。野菜でも、ニラなど臭いのきつい食べ物を摂取することできつい体臭の原因になるそうなので気をつけたいですね。

ここで、野菜の中でも特に手軽でおすすめなのがハーブです。ハーブには様々な種類がありますが、個人的にお勧めなのはパクチーとも呼ばれるコリアンダーです。

このコリアンダー、最初はなかなかインパクトのある香りですが、慣れてくると「これがないと駄目!」というほどはまってしまう人もいるくらいです。

消臭効果だけでなく、食欲増進、沈痛、消化を助けたり、二日酔い防止の効果まであると言われています。

私も留学時代にコリアンダーに出会い、最初は苦手だったのに気づけば癖になり、よくコリアンダーを口にするようになりました。直接的な因果関係があったかどうかは不明ですが、汗をかいたあとの体臭が以前より気にならなくなったり、蚊にさされにくくなりました。周りの友人達も同じような事を口にしていました。

このコリアンダー(パクチ)、食事ではなかなか取りにくい部分もありますが、近頃ではサプリメントでも販売されているようです。食事やハーブなどを上手く利用して、健康的に体臭とつきあって行きたいですね。

体臭で分かる!体の不調

「ニオイは体からのサイン」と言われるのを聞いた事はありませんか?

明治維新よりも前の日本では、体から発せられる匂いをもとに、体のどこが悪いのか診断する嗅診というものが広く行われていたそうです。この嗅診は漢方の診断方法だそうですが、西洋医学が入ってきた事によって医療の現場では徐々に使われなくなっていったようです。

ただ、実際に体の臭いと病気の関係は証明されており、病院に受診前のセルフチェックとして、私たちが家庭で利用するには良い方法の1つかもしれません。

体臭と一口に言っても全てが同じ訳ではなく、脂質系やタンパク質系の臭いに分けられます。例えば、腐った卵のような口臭がした場合は胃炎や潰瘍の疑い、腐った肉のような臭いがする場合は口の中の病気や喉や鼻の病気の疑い、その他にもダイエットで過度な食事制限をしたときは甘酸っぱい臭いがする、等。

このように、臭いの種類で体の不調な部分が分かるような一覧表はインターネットや書籍でも沢山掲載されています。気になった方は是非検索してみてください。

「旦那さんの体臭が最近きついな」と思った時、「きっと加齢臭ね」で済ますのではなく、一度どのような臭いがしているのがじっくり確かめてみても良いかもしれません。

また、ニオイの原因が乾燥ということもあります。乾燥がきつくなると皮膚の常在菌バランスが崩れ、皮脂が多く出てそれが菌の繁殖となり悪臭を放つことがあります。ワキガのメカニズムもこれがベースです。

特に体の場合はかゆみが出てきます。菌が分泌する刺激物にヒスタミンが分泌されるためです。

体がかゆいというの場合、乾燥のサインかもしれません。さらにそれが悪化すると、今度は悪臭という原因になることも。かゆみが出てきたら気をつけたほうがいいでしょう(参考サイト:体のかゆみ対策.com)。

体の臭いは未病のサイン。体調不良が疑われるような時は受診をしましょう。

残念ながら、臭いというのは本人ではなかなか気がつかないものです。
いつも家族のために一生懸命に働いてくれている旦那さん、健康管理の意味も込めてしっかりと注意してあげたいですね。

「嫌い」だから「クサイ」?

「におい」というのは、「匂い」と書けば良い意味に、「臭い」と書けば悪い意味にもなります。

昔は彼の「匂い」が好きだったのに、「あれ、くさい!何この臭い!」あるとき突然に恋人や旦那の臭いが嫌いになった、なんていう話は案外よく聞きますよね。

「加齢によって臭いが発生?」、「疲れていて疲労臭がした?」、「体のどこかが悪くて臭いがするようになった?」もちろんこれらのような理由も考えられます。でも実は、冗談のように友達同士でしている会話「もしかして、彼のこと嫌いになっちゃったんじゃないの?」というのは、あながち嘘でもないかもしれないのです。

嗅覚は視覚、聴覚、触覚、味覚などの他の五感と違って、直接本能に作用することがわかっています。

大脳の扁桃体や海馬という部分は本能行動や感情・記憶を司る部分です。においの情報はこの扁桃体や海馬に直接伝わるため、においと感情が連動することは十分に考えられるのです。よくない記憶や体験とむすびついてしまい、一度「嫌な臭い!」と感じてしまうと、生理的に受け付けなくなってしまうということもあり得るのです。

その角度から臭いを考えてみると、大まかに2つの原因に分けられるということになります。

まずは、自分からも他の人からも同じように嫌なにおいだと感じられる等、物理的に異臭を放っている場合。この場合は、臭いの原因を突き止めてケアや治療などの対処するしかありません。次に、実は原因が相手ではなく自分にある場合。この場合は、自分の「嫌だ」という無言の叫びが感じる臭いとなって出てきている訳ですから、まずはそれを自覚する事から始めましょう。

「におい」は体と心のバロメーター。たかが「におい」、されど「におい」です。この「におい」にも耳を傾け、うまくつきあって行きたいものですね。

「クサイ!」大切な人へ伝える方法

「クサイ!」世のお父さんが言われて一番ショックな言葉ランキングでは、かなりの上に位置するそうです。

それもそのはず、臭いは本人からは大変わかりにくいものです。思っても見なかったことばを急に言われると、やっぱりショックでなかなか受け入れられません。

そんなことを言ってる私たちも、実は?もしかしたら私たちも自分で気がついていないだけなのかもしれません。

臭いは、不快なだけでなく病気のサインである事も多いものです。だからこそ自分のセルフチェックだけでなく、大切な人の臭いにも普段から注意を怠らない様にしたいですね。

では家族や友人、恋人など身近な大切な人の臭いが気になる時、どのようにして伝えるべきなのでしょうか。伝えられる側も辛いですが、伝える側としてもかなり難しい問題です。

単刀直入にはっきりと伝える、という意見も多いようですが、同じ内容を伝えるにしても言い方一つで相手の心証も変わるものです。大切な人へだからこそ、できるだけ傷つけずに、誤解のないように本当の気持ちを伝えたいですね。

心理学の角度から見た場合、「言いにくい事を相手に伝えるとき」のポイントとしては以下のような点が挙げられるそうです。
1. 相手に逃げ道をつくってあげること。
2. あなたの味方だよということを同時に伝えてあげること。

同じように、臭いがするから受診してほしいと伝えるにも、「あなただけじゃなく、私も自分で気になる時があるんだけどね。」「最近は結構こうゆうこと、多いらしいよ。」「あなたの体の事が本当に心配なの。」等という前置きが、一言あるだけで随分違うかもしれません。

そして,それを受け入れてくれたあなたの大切な人の為に、次のステップをあらかじめ用意しておいてあげましょう。

ちなみに、私も私の大切な人に勇気を出して伝えてみました。最初は戸惑った様子でしたが、最終的には私が事前に調べておいた疑いのある疾患の病院へ一緒に行きました。原因となる疾患が見つかり、もうすぐ治療も完了する予定です。

あなたも、勇気を出して伝えてみてはいかがでしょうか。あなたと、あなたの大切な人の為に。

Let`s セルフチェック!女は体臭、男は口臭

とあるアンケートの結果によると、若者の臭い対策、女性は「体臭・汗の臭い対策」、男性は「口臭エチケット」に特に気を使ってるそうです。

このアンケートは、高校生以上29歳までの男女に対して実施されたものだそうですが、少し意外な結果だとは思いませんか?この年代の男性は、特に体を動かす事も多いし、普段の生活の中でも男性の方が臭いがする事が多いはずです。

ただ、こう言われてみると、確かにポケットにガムやフリスクなどを携帯している男性は大変多く、「なるほど!」という感じではあります。ガムやフリスクは、今や男性を連想させるグッズになりつつありますよね。

それに対して女性のアンケート結果。

汗と臭いの対策となっていますが、臭いが気になる女性に出会う事は普段の生活で多くありません。普段から気を使ってる人が多いという事もあるかもしれませんが、男性のガムに対して、女性のデオドラントスプレーは、夏の制汗スプレーだけではなく、冬のブーツ用スプレーや髪用ヘアコロンスプレーなどまで多種多様。

人によっては、こういったグッズではなく香水を利用し、量が多すぎて逆に周りに不快感を与えるケースも。難しいのは、なかなか自分では分かりにくいということ。

セルフチェックにもいろんな方法がありますが、未だ試した事がない方は是非、一番簡単な方法からでも試してみてはいかがでしょうか。

■一番簡単な口臭セルフチェック
1. グラスに空気を吐き出し、手でふたをしてから残りの空気を吐き出す。
2. 先ほどのグラスに鼻だけをいれて臭いをチェック!
※グラスはキレイに洗って乾かしたガラス製のグラスを利用してください。

■一番簡単な体臭セルフチェック
・ 脱いだばかりのシャツの臭いをかぐ。
※シャツの脇が基盤でいたり、耳あかが湿っている人は腋臭の疑いあり。受診しましょう。

「体臭と口臭」はどちらも気になるポイントではありますが、逆効果になりすぎない程度に、しっかりとセルフチェックしつつ対策をとっていきたいですね。