私、もしかして臭ってる?と思ったら

「もしも私がワキガだったら・・・」、「私ってもしかしてにおってる?」と思った事はありませんか。

ワキガというのは、アポクリン腺が多い人をさすそうで、日本人のわきが体質の割合いは実に10%〜15%にものぼります。つまり、10人に一人はワキガだという事です。

勿論この数字は、診断をされた人の数字という事ですから「もしかしたら・・・」という人まで含めるともう少し割合があがるかもしれません。

ただ、ワキガは心の病と言われることもあるそうで、本人が思い込んでしまっているだけのケースも実は多いようです。特に日本は他の国と比べて衛生状態も良く、生活環境の中で異臭がする事はあまりありません。欧米やアフリカ、その他の外国に比べて比較的ワキガ人口が少ないにも関わらず、臭いを気にする人が多いのも日本の特徴かもしれません。元々キレイ好きで真面目、その上生活圏に臭いが少ない日本人には無理もない事なのです。

大切な事は、確かめること。
治療するにしても、ケアするにしても、まずはそこがスタートです。

ワキガ治療は、医療機関を選べば保険適用が認められます。

臭いが気になったり、黄色い汗染みができる、耳あかが湿っている、毛深いなどは一種の判断材料になるそうなので、もし心あたりがあるようでしたら一度思い切って受診してみても良いかもしれません。

何もわからずに一人で抱えるよりは、専門の医療機関で受診をし、確かめ、その後どのようにつきあっていくのかということを考えてみてはいかがでしょうか。治療を受けた人の中には「こんなに簡単ならもっと早く受けていれば良かった」という感想を持っている方が沢山いらっしゃるようです。

気になる生活臭、ユーカリのリースで撃退!

『恋人のお家に初めて行ったとき、一番気になるのは「臭い」』と、約半数弱の男女が回答。

家の臭いに限らずとも、「臭いで恋愛相手を選別する」というのはよく言われていることですが、やはり生活臭というのはその人の一番プライベートな部分でもある為、気になりますよね。

この「家の臭いを気にする」というのは、恋愛関係以外にも共通する事ではないでしょうか?よそのお宅にお邪魔するとき、やはり、玄関の臭いやそのお家独特の臭いは「気にする」とまで行かなくても「意識」はしているものです。
逆に我々も、お客様を家に招くときは安心してお客さんを迎え入れたいものですね。

ここでお勧めしたいのが、ユーカリのリースです。

ユーカリは、もともとオーストラリアの原住民によって家庭薬として使ってきたそうですが、その効能は癒しだけでなく、消臭、殺菌、洗浄、防虫、防カビ、防ダニと大変優れた万能薬となっています。

私も長年ユーカリのリースを愛用していますが、大変簡単に作れますし、香りも長持ちします。乾燥して香りが少なくなってきても、霧吹きなどで水分を与えてあげると香りが戻ってきます。

又、装飾を少し変える事で季節感も出せますし、何より「ちゃんと気を使っていますよ」という印象を与える意味でも利用価値アリです。

作り方は本当に簡単。
1. まずは準備。
用意するものは5~10cmに切りそろえた細い針金…10本程度
ユーカリの枝…適量
装飾の為のリボンや木の実、飾りパーツ…お好みで。
2. まずは土台作り。
 ユーカリの枝1本もしくは2本を繋ぎ合わせて輪っかを作ります。
 この時の円の大きさが、ユーカリのリースの大きさになります。
3. 次はリースの肉付け。
残りのユーカリの枝を土台に巻き付けていきます。
 左右バランスよく、枝の端を枝と枝の間に差し込むように留めます。
4. バランスが整ったら次は装飾です。
 リボンを巻いたり、パーツを貼付けたり、好みの装飾をして出来上がり!

ユーカリの汁は、手につくと色がとれにくく、テーブルにつくとネバネバします。先に新聞紙などを敷いて、手袋を装着してから作業をはじめましょう。
どうですか?簡単でしょう?手早くすれば15分程度で出来上がります。

ユーカリの香りは、人によって好き嫌いが別れるかもしれませんが、効能としては抜群です。この香りの好きな方は、是非ためしてみてください。

本当にモテるいい香り

「モテる女性はいい香りがする」というのは、ある程度世間の共通のイメージです。

では、「モテる香り」って実際はどんな香りか、皆さんはどのようなイメージを持たれていますか?

最近は定番になってきた、女性に大人気の「ローズの香り」、むかしから定番の「フローラルの香り」、ちょっとかわいい系なら「ベビーパウダーの香り」など、どの香りも何だか男性に好まれそうなイメージがあり、半分は自分の為に、半分は無意識にでも異性を意識して女性はせっせとこのような香りのする製品を買い集めては身だしなみを整えているわけです。

ところが、これは私たちの思い込みで、現実は随分違う結果が出ているようなのです。

とあるアンケートの結果によると、女性人気のある「ローズ」や「フローラル」、「ベビーパウダー」の香りは、男性からはあまり好まれていないという事がわかりました。

この3つの香りは、アンケートの結果で最も好みに男女差が出たもの達で、女性には人気だけれど男性には不人気というもの。

では、どのような香りが男性に人気なのか?

実は、昔から言われている「せっけんの香り」が男女ともに不動の一位。ついでレモンやシトラスなどの柑橘系という具合に、実に鼻になれた、なじみのある香りが上位を占めました。

エレベーターの中で最も辛い臭いは、口臭や体臭、加齢臭ではなく、実は香水臭だと言う説もあるくらいです。

せっかく香りに気をつけるなら、できるだけ周りに不快感を与えない,できれば自己満足ではなく好かれる香りを選びたいですね。

ポリエステル以外にもあった!汗臭の絶対NG

汗臭の絶対NGといえるほど、発汗によって異臭が発生し易いと思われているポリエステル。夏だけでなく、冬のオフィス内でも気になりますよね。

ポリエステルの洋服はデザイン性が高くて女性らしく、自分をかわいらしく見せてくれるお洋服が多く、できる事なら安心して着たいというのが女性の本音。ふわふわっとしたかわいいらしいデザインや、流行モノには必ずと言っていいほど化学繊維が使われています。

かといって、臭いが発生していないか?心配で落ち着かない。化学繊維のせいで、普段は臭いの気にならない人から臭いがする!という経験はありませんか?

本当にポリエステルなどの化学繊維は臭いの原因となっているのでしょうか?

体臭の中でも汗臭の原因は、蒸発しなかった汗が皮膚表面の雑菌と混じり、繁殖することだそうです。つまり、汗がうまく蒸発できないという状況が臭いの引き金となっているのです。

「ポリエステル」を始めとする化学繊維は吸湿性が少ないため、表面に汗が残り、雑菌と混じって菌が繁殖し、結果的には他の素材よりは汗臭の原因になりやすいという事です。

本来、汗単体では臭いはありません。雑菌とミックスされる事によって臭いが発生、そこに上塗りで香りをつけると・・・想像しただけでも恐ろしいですね。

というわけで、「ポリエステル」「ナイロン」「アクリル」を含む素材を身につける時は、次のような対策をとるよう心がけてみてはいかがでしょうか。
1. できるだけ服の中に汗をこもらせない
2. パッドなどを上手く使って汗を残らないようにする
3. できるだけゆったりとした形を選ぶ
4. こまめに汗を拭き取る

このようなベースの対策をした上で、スプレーや香水なども使って自分オリジナルの香りをつくっていけたらいいですね。

匂いで探せる?!運命の人

少し前に話題になった、恋愛遺伝子と呼ばれるHLA遺伝子。これは香水などの香りとは又違った、どちらかというとフェロモンや体臭といったものに分類される「におい」です。

勿論、香水などにもそれぞれの好き嫌いがあり、恋愛関係においてイメージや好感を決定する要素としては大きいと思います。ですが、ここでいう恋愛遺伝子HLAと香水などの関係があるとする見方はまだないようです。

では、この恋愛遺伝子HLAはどのように判断されるのでしょうか?

もともと人は父親と母親から半分ずつの遺伝子をもらってHLAを構成するようですが、そのHLAの型をもとに、無意識で自分の相手を捜しているのです。
自分のHLAに似た型のHLAを持つ者に対しては安心感を、反対のHLAの型を持つ者に対しては好感をもつそうです。

つまり、自分や家族などと似た型のHLAであれば味方とみなし安心するが、逆により多くのHLA型をカバーし遺伝子を強くする為に、自分と反対の型を持つパートナーを探そうとするという事のようです。

女性に特に臭いフェチが多いといわれる理由は、やはり自分のお腹で10ヶ月子供を育てる分、できるだけ優秀な遺伝子を残そうとする本能が男性よりも発達しているという事なのかもしれません。

「相手の事は尊敬しているし好きだけれど、やっぱり体臭が耐えられなくて結局離婚してしまった。」などという話も最近は多いそう。本当にこのような事があるとしたら、結局我々も動物であり本能に左右される部分が大きいなと感じるものです。

赤ちゃんは独特のいいニオイがしますよね。あれも愛されようとする赤ちゃんの出すサインとも言えます。

逆にあんまりうちの子はいい匂いがしない…

という赤ちゃんは乾燥肌ということが大半。

人の香りはホルモンなども関係しますが、基本的に乾ききっていると体臭というのは発生しません。特に赤ちゃんの場合、まだ自分で保湿維持する力が弱いためすぐに乾燥してしまいます。

ニオイというのは適切なスキンケアによっても維持されるということ。ワキガなんかは皮脂と乾燥が原因とされているくらいですからね。

香水などを使って身だしなみに気をつけていても、関係が進んでしまうと遺伝子レベルの問題も無視できないという事ですね。我々現代人の努力を考えると少し切ない気もしますが、目には見えない遺伝子で人と人が呼び合い、惹かれあって結びつくのだとしたら、とても素敵なお話ですね。